< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
助屋
助屋

墓地の種類



寒い日が続きますね。
年の始めというのは石屋さんにとっては比較的余裕のある時期でして、助屋は事務的な仕事を主にしています。
来週辺りは現場作業を少しづつ進めていこうかなぁ?
まあ、急に動いては鈍った体が悲鳴を上げそうなので少しづつ、かつ太った体が絞れるように動こうかなと思ってます(笑)

さて、折角ブログを書くのですから僕の生活なんて書いていたって何も価値がありません。
少しづつですが、お墓に関するお話を書いていこうかなと思います。
ネタが尽きないように少しづつ小出しに。
というわけで、手始めに今回は墓地の種類でもお話ししましょう。

お墓は何処でも建てれるものではありません。
地目が墓地でないと建てれません。
それは墓埋法という法律で定められています。
だから、例えばご自宅の庭にお墓を建てる事は出来ません。
でも、ご自宅に保管はOKなんですよねー。
おかしな法律でしょ(笑)
正確にはお骨を勝手な場所に埋葬、地盤より下に納めてはいけないという事なんです。
じゃあ散骨はどうなるんでしょう?
撒く分には地表にあるから埋葬にあたらないとかなんとか・・・。
そもそも墓埋法は戦後つくられた法律で、現在の様々な供養の方法に対応しきれていない法律だと思います。
ちょっと話がずれてしまいましたが、いずれにしても基本的にはお墓は地目が墓地の場所でしか建てる事が出来ません。
そんな墓地ですが、運営母体や特徴を考えてみると大きく分けて4種類あります。
「公営墓地」、「民間墓地」、「寺院墓地」、「みなし墓地」の4種類。
それぞれ墓地にはメリットとデメリットが入り組んでいるんですよ。
話が長くなりますので、次回はそれぞれの墓地の特徴を説明していきます。


 
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
墓地の種類
    コメント(0)